トップページ > オルニチンは肝臓に良い

オルニチンは肝臓に良い

オルニチンは肝臓に良い成分として知られていますが、その働きはどのようなものでしょうか。

肝臓は、血液に含まれるアンモニアなどの有毒な成分を分解する解毒作用のほか、栄養素を合成したり貯蔵したりするなど、体を正常に維持する点において、非常に重要な役割を果たしています。

肝臓におけるオルニチンの役割としては、アンモニアを分解する過程であるオルニチン回路での働きが挙げられます。有害なアンモニアをオルニチンの働きによって尿素に変換し、体外へ排出させるのです。

アンモニアをスムーズに分解させることは、健康の維持においては非常に大切です。アンモニアは蓄積すると脳障害を引き起こしたり、エネルギー産出を妨げるなど、健康を阻害する有害な成分ですから、できるだけ蓄積しないように分解してやる必要があります。

オルニチンがどんどんアンモニアを分解することによって、肝臓の負荷が少なくなり、肝臓病を引き起こす危険性も減少します。肝臓の疾患は症状が現れるのが遅く、かなり進行してから発見される場合も多いので、できるだけ普段から負荷をかけずに健康な肝臓を保護してやらねばなりません。

アンモニアの分解以外にも、オルニチンには肝臓でのたんぱく質を合成する働きをサポートする働きなどがあり、肝臓の働きをトータルに助ける重要な成分だといえます。

特に、お酒を飲んだ後などは、肝臓がアルコールの分解をスムーズに行えるように、オルニチンが普段から肝臓の負荷を少なくして、健康な肝臓を維持しておくことが大切です。

オルニチン【協和発酵バイオ】

1粒にしじみ約300個分のオルニチン。 今なら15日分がお試し価格500円!
www.kyowaremake.jp

3-アミノ (オルニチン+アルギニン+リジン)

アミノ酸、オルニチン、アルギニン、リジンをバランスよく配合したサプリメント
www.healthy-one.co.jp