トップページ > 効果

オルニチンの効果

オルニチンとは体内で働くアミノ酸の一種で、肝臓の働きを助けたり成長ホルモンの分泌を促したりする効果があります。

体内のアミノ酸の多くは、体の組織を構成するたんぱく質の原料として使われているのですが、オルニチンはそれだけではなく単独で働く遊離アミノ酸としても機能します。

オルニチンはシジミなどの食品に多く含まれており、体内では水に溶けやすい性質を生かして血液に溶け込んで全身を巡ります。特に肝臓などで効果を発揮する成分で、シジミが肝臓に良いといわれる所以となっているのです。

以前はあまり知られていない成分でしたが、最近では健康成分としてサプリメントなども人気が高まりつつあります。

肝臓の働きをサポート

オルニチンの効果として最も重要なのが、肝臓におけるアンモニアなどの解毒作用の促進です。

アンモニアはそれ自体が有害な物質であり、オルニチンはアンモニアと反応して無毒な尿素に変換する働きがあります。また、アンモニアを排除することで、ミトコンドリアがスムーズにエネルギーを生む出すことができるため、エネルギー効率を高める意味でもオルニチンは必要な成分です。

また、肝臓にはアルコールを分解する働きもあります。アルコールを摂ることで生じるアルコール性疲労を引き起こす物質を抑えるのもオルニチンの働きです。

このように、オルニチンには総合的に肝臓の働きをサポートして、解毒作用を促進するとともに、エネルギーを生み出す機能をバックアップします。肝臓を元気に保つことで、全身の疲労回復にもつながるのです。

成長ホルモンを促進させダイエットにも

オルニチンには、成長ホルモンの分泌を促す効果もあります。成長ホルモンの分泌が増えると、筋肉がつきやすくなります。

体に筋肉がつくというと、ダイエットには反するように思われるかもしれませんが、実は筋肉量が増えるということは、基礎代謝が高まるということ。基礎代謝が高いと同じ量の運動を行っても脂肪の燃焼効率が良いため痩せやすくなります。

痩せやすい体を作るためには筋肉量を増やすことは極めて有効で、オルニチンを摂ることで健康的なダイエットが可能ということになるのです。

オルニチン【協和発酵バイオ】

1粒にしじみ約300個分のオルニチン。 今なら15日分がお試し価格500円!
www.kyowaremake.jp

3-アミノ (オルニチン+アルギニン+リジン)

アミノ酸、オルニチン、アルギニン、リジンをバランスよく配合したサプリメント
www.healthy-one.co.jp