トップページ > 疲労回復効果

オルニチンの疲労回復効果

オルニチンにはさまざまな効果がありますが、肝臓の働きをサポートすることで十分なエネルギーを生み出し、疲労回復を行うのも重要な働きの一つです。

肝臓は、人間の代謝を制御したり、アンモニアなどの有害物質を分解する解毒作用を持つほか、エネルギーを生み出したりと、実に多様な働きを行っています。健康を維持するためにはとても大切な器官の一つです。

この肝臓を酷使したり、代謝が落ちたりすると、肝臓疲労を引き起こす場合があります。肝臓疲労は解毒作用などが滞るだけではなく、エネルギーの産出が上手く行われなくなって、全身の疲労を引き起こす原因にもなるのです。

肝臓に効率よく働きかけるオルニチンは、肝臓を元気に保つことで、全身の疲労回復効果が期待できます。

肝臓の負荷を減らしてエネルギーを確保

アンモニアという成分は、名前が良く知られているので意外かもしれませんが、実はとても有害な成分です。蓄積することで病気を引きこしたり、エネルギーを産出する邪魔を行うようになります。

オルニチンが不足してアンモニアの分解が順調に行われなくなると、溜まったアンモニアによってエネルギーの産出が妨げられ、徐々にエネルギーが不足してしまいます。

エネルギー不足となった肝臓は肝臓疲労を引き起こし、体が必要とするエネルギーを産出できなくなってしまうのです。

肝臓疲労によってエネルギーの生産が滞ると、全身の疲労が蓄積してしまいます。オルニチンは、肝臓の働きをサポートして負荷を減らすことで、エネルギーの生産を促進し、全身の疲労回復効果を発揮します。

飲酒による疲労からも回復

お酒を飲んだ後に感じるだるさや疲労感の原因は、脳のエネルギー不足です。アルコールを摂取したことで増えたNADHという物質が、脳にエネルギー源となる物質の生成を邪魔してしまいます。

オルニチンは、アンモニアを解毒する際に、このNADHを消費する性質をもっているため、脳のエネルギー不足の解消に役立ちます。

有害物質であるアンモニアを解毒しながら別の有害物質NADHを消費するなど、オルニチンは肝臓の負担を減らして全身の疲労回復を行うためには非常に役に立つ成分なのです。

オルニチン【協和発酵バイオ】

1粒にしじみ約300個分のオルニチン。 今なら15日分がお試し価格500円!
www.kyowaremake.jp

3-アミノ (オルニチン+アルギニン+リジン)

アミノ酸、オルニチン、アルギニン、リジンをバランスよく配合したサプリメント
www.healthy-one.co.jp